電話でのお問い合わせイベント情報見学会予約
なぜ狭小住宅に挑めるのか?

狭小住宅を建てようとすると隣地との境界線が 狭いことがほとんどです。
この場合傷つけたり 近隣の方に迷惑にならないように細心の注意を払う必要なあります。
ひとことで言えば気合と 根性がなければできません。
これが狭小住宅に挑まない会社さんが多い理由です。

狭い土地に慣れていない住宅会社に「狭小住宅を建てたい」と訪ねたときに良い顔をされないこともあります。その場合狭小ではない家づくりに話を持っていきがちです。
規格やルールに当てはめて終わりではない狭小住宅は避けたいんですね。かわいい小さなミニチュアをつくるのって繊細で根気と集中力が要るので誰でもできることではないですよね。
少し違いますが建設する側にはどうしても技術と細かい気配り、そして経験が求められます。

狭小ラボは狭小住宅をご希望のお客様の要望に丁寧に応えてきた結果として、狭小住宅建築の経験を蓄えてきました。臨機応変な対応を求められることも多い状況の中「お客様の思いに応えたい」という気持ちと技術・経験で狭小住宅を建ててきました。

根性や気合が必要とされますが不可能なことでなければ狭小ラボは諦めません。
お客様が家を手にするために狭小が最善であれば狭小ラボは狭小住宅を安全に確実に建てることに最善を尽くします。

狭小住宅専門店の狭小ラボはどんな土地でも建てられるように根気よく向き合います。
「一度は断られてしまったけどこの土地になんとか家を建てたい」とお悩みの方もぜひお気軽に相談にいらしてください! 狭小ラボなら17 坪の土地があれば10 坪の家を建てられます。
土地の形が狭かったりいびつでも投げ出したりせずになんとかする方法を考えますのでお任せください!

見学会予約イベント情報
トップページ イベント情報見学会予約TOPへ